敷金?礼金?今さら聞けない賃貸の基本ワード

敷金とは戻ってくるもの


敷金は、関西では保証金と呼ばれることもあるそうです。そう、読んで字のごとく、家賃を延滞したままになった場合や、賃貸物件を通常使用の範囲を超えて傷ませた場合の費用を前払いして預けて置くお金です。家賃の延滞もなく、通常使用の範囲で住んでいて明け渡す場合には当然、そのお金は戻ってきます。敷金は2、3か月の場合が多いですね。結構な金額です。
以前は畳替えやふすまや壁紙の交換費用まで敷金から差し引かれるケースが多く、だんだん賃借人も異議を唱えるようになって、国が敷金返還の指針を出しました。普通に暮らしていたら、基本的に全額戻ってくるというのがその内容です。空き家になっていても家は傷むのですから。契約に反してペットを飼うとか、故意に何かを壊すとかしない限り、賃借人が敷金で賄うような事態にはなりません。

礼金のないところを探しましょう


礼金とは、賃借人が家主に「貸してくれてありがとう」とあげたもので、返ってきません。住宅難の時代の慣習で、現在も残っています。現在は人口減少で空き家が増えているので、礼金ゼロという物件も増えています。最近は契約時に入居者に商品券をプレゼントしたり家賃一か月分無料などのサービスをするケースもあるくらいですから、礼金の習慣はしだいになくなりつつあるようです。
賃貸物件を探すときは、礼金ゼロ物件に絞るのもいいかもしれません。よほど気に入った物件なら別ですが、やはり「借りてくれてありがとう」という姿勢のある家主の方が、その後の付き合いの上でも良さそうな気がしますね。事実、賃貸物件は以前と違って余り気味なのですから。

二海郡八雲町の賃貸は、シングル向けからファミリー向けまでの様々なタイプの物件が豊富です。そのため、自分の生活スタイルに合った物件を選びたい場合でも安心です。